FC2ブログ
 
■プロフィール

うぇぽ

Author:うぇぽ
GARのプレイヤーうぇぽです。見かけた際はお気軽に声をかけてください。ギルド「うさちゃんぱんち」のメンバーも募集中です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

伊豆見君主催のオフ会に行ってきた
十日に、山下伊豆見君主催のOFF会へ行ってきました。

12:30頃、池袋西口公園到着。
集合時間は一時。山手線が遅れる可能性があることを考慮して30分早く着たものの、時間は余りました。
12:55頃までずっと公園をブラブラする羽目になりました。

13:00頃、本格的に集まり始める。
伊豆見君は55分ごろに姿を現していたので軽く挨拶して集団を作る。

13:15分頃にはもう来ないだろうということで高田馬場駅まで電車で移動。

駅に着くと、皆はまず公園に向かいました。
名前は忘れたけど、とにかく公園。
そこで動画の撮影をしてましたね。伊豆見君の動画と・・・あとぽー虫君?の動画。

撮影を終えたら、同じ公園内の違う場所で再び撮影を開始していました。
伊豆見君は「エアーマンが倒せない」とか歌ってましたね。いちいち決めるポーズが面白かった。
周りの目を気にしない人ってまさにあーいう人だ。あのレベルに到達するのは普通の人はまず無理だろう・・・

その後は何があったのかな。場所を移してカラオケに行ったはず。
ちなみにこの日までカラオケは言った事がなかったので初デビュー。人生で初めてのカラオケ。
カラオケではぴんすけさんという人が大活躍。なんか歌うまい。知らない曲を歌っていたけど
それでもうまいということだけは素人の俺にもわかった。
勿論その時は俺は聞き手に回り、歌い手に回ろうとはしませんでしたよ^o^

カラオケを終えた後、また公園に移動。
公園では砂場でなにやら動画を撮影しようとしていたらしいが、3~5才児が近くに居て
真似をしだすと困るらしいので場所を移して撮影開始。

ちなみに場所を移す途中、伊豆見君に腕相撲を申し込みました。
俺がOFF会に来た理由は、彼と腕相撲をするためと言っても過言ではない!
俺の目的は腕相撲70%好奇心27%その他3%で構成されていました。
伊豆見君は俺と腕相撲する前に、まずサシマン君という配信者の一人と腕相撲を開始。
中々いい勝負でしたがサシマン君が勝ちました。
その後は俺vs伊豆見君。右腕は痛いからということで左腕で勝負しました。
彼はアルミ缶もといスチール缶を素手で☆木っ端微塵☆にしてしまう腕力の持ち主だそうなので
加減無しで全力で挑みました。ハナからオリャー!!って。
結果は・・・まぁうん、彼には勝ちました。なんか秒殺でした。なんかあまり手ごたえ感じませんでした・3・
もっと強いかとは思ってたけど、そこまで強くも無かった。残念。

そのあとはタミフルダンスとやらを撮影してましたね。
この時の動画撮影は顔出しNGということにしておいた俺が担当。ぶれてなかったかな^o^
タミフルダンスとかいうか、BGMはウマウマなんだけど本当になんというかタミフルというか
人としてこれはどうよって思ったよ。見てて俺はそう思った。
まあそれが面白かったんだけどね!!

これで動画は全部撮影を終えたらしく、後はオフ会として楽しむことに。
公園で長~い雑談をした後、池袋へ帰りマックで食事をした後またカラオケに行き、オフ会は解散となりました。

OFF会の感想はというと、
なんていうか



しかった

というか

カオスだった

というか
まぁカオスでした。
だがそれが良かった。

スポンサーサイト



未分類 | 10:57:03 | Trackback(0) | Comments(15)
明日ニコニコで有名な彼に会いに行く事にしました。
急な話だけど、明日にニコニコ動画の一部でとても有名な山下伊豆見君に会いに行く事にしました。

好奇心からの行動です。彼は俺と同年代らしいので、前からリアルで話してみたいと思ってました。
それについての感想はその後日書きます。


決起集会について
書こうと思ってたんですが、やめました。
色々と面白話があったのですが書くとなんかアレになりそうなんで。
ええ、アレです。アレ。

あとブログで書くの遅れたけどれっぴーおめでとう。マジおめでとう。
正真正銘世界一になったんだから胸張っていいぞ

未分類 | 00:04:03 | Trackback(0) | Comments(3)
今日は決起集会がありました。
なんか疲れた。

決起集会の感想とかレビューは明日書く事にします。

とりあえず三行で全部まとめると

楽しかった
世界大会頑張れよ
なぜか金増えた

未分類 | 23:35:55 | Trackback(0) | Comments(2)
アクセレビュー オリンピアソウル編
今回はオリンピアソウルのレビューです。

まずはアスリートから。

動画はこちら。

ステータス変化

JMP+2

エイム弱:準備運動みたいなのをして、MPを回復させる事ができます。

エイム強:しばらくすると爆発する爆弾を投げます。
爆弾を攻撃すると、爆弾は転がります。

ダッシュ必殺:ハードルを飛び越えます。
よくわからないのですがスタイルによって効果が違うようです。
ただわかっているのは格闘家ですとすっころぶ際に相手を吹き飛ばしますが
ファランクスだとそのまま飛び越えて蹴りつけます。

ジャンプ必殺:高飛び。
着地の際に相手を吹き飛ばすあたり判定あり。
移動手段としても使え、汎用性が高いです。

必殺:ハンマー投げ。
グルグル回ってる間と、投げたハンマーに当たり判定があります。
最初のほうは無敵時間、当たり判定ともにないので隙が大きいです。

強さ:C+
使いやすさ:C+

総合:C+

そこそこなアクセ。
素の技が変わらないので、素に色んな技が追加された物だと思えばOK。
使えるのはジャンプ必殺程度。

お次はオリンピアソウル(スイム)。

動画はありません。

ステータス変化

TEC+2

エイム弱:ビート板を使ってクロールを泳ぎます。
何回か攻撃した後打ち上げます。
追撃は(多分)できません。
密着してると当たりません。

エイム強:平泳ぎを泳ぎ、最後にターンを決めます。
最後のターンは相手を大きく吹き飛ばします。
密着してると当たりません。

ダッシュ必殺:滑り込んで、ビート板を使いバタ足で泳ぎます。
最初の滑り込みで相手を打ち上げ、バタ足で攻撃し最後に打ち上げます。
追撃は可能です。
密着してると当たりません。

ジャンプ必殺:水(地面)の中に飛び込みます。
飛び込んだ後に強を追加入力で水から飛び出た後にまたもぐりこみます。
弱を追加入力で水球をシュートした後にまたもぐりこみます。
強弱同時入力で水から出ます。
水からちょっとでもでてる間は無敵時間がないので、攻撃されることもあり。

必殺:水(地面)の中に飛び込みます。
飛び込んだ後に強を追加入力で自ら勢い良く飛び出て相手を攻撃します。
自分が大きく飛ぶので近くに落とし穴がある場合は要注意。
弱を追加入力で水球をシュートした後にまたもぐりこみます。
強弱同時入力で水から出ます。

※水の中にいる間は僅かずつMPを消費し
何らかのアクションを起こした場合にもMPを消費します。

強さ:B
使いやすさ:B

総合:B

とてもいやらしいアクセ。
ジャンプ必殺が主力。水に飛び込み一方的な攻撃を仕掛けます。
一応相手の攻撃は当たるのですが、当たりにくいみたいです。
戦ってる相手に「うぜー」と言わせる程度の能力を持ちます。
しかし調子に乗って水の中に飛び込んでばかりいるとすぐMPが尽きてしまいます。
でも素にこれだけの能力が加われば十分良アクセ。これで500は安い

未分類 | 02:11:43 | Trackback(0) | Comments(0)
あいつが本物の腐女子だった件
そのあいつってのは誰?と思う人が多数かもしれませんが……
一応、以前にちょろっと話にも出しました。
かぶってるイニシャルが多すぎるのでそいつはT崎ということにします。

いや、最初はね。
そいつが最初自称腐った女子を名乗ってて
俺はただそいつがオタク女子=腐女子っていう認識を持っているだけで、普通のオタク女子なんだろうなって思ってたわけで。
実は本物の腐女子っていうことが判明。俺の予想を上回っていたwwwwww

それをいつ知ったかっていうと、多分水曜日の事。
T崎に誘われて、T崎の弟含め一緒に遊びに行った時に弟は確かに言った。
T崎弟「姉は18禁のゲームもやってるよ。アリスなんとか(忘れた)と鬼畜眼鏡だよね。
そんでもって鬼畜眼鏡は姉のお気に入りだったよね!」
T崎「ちょっとそれ以上言わないでよwwうぇぽに引かれちゃうから」
ちなみに弟はT崎の事をまんま姉(あね)と呼んでた。結構変わった呼び方。

まぁ最初は普通のギャルゲーとか思ってたわけだよ。
でもその日家に帰って「鬼畜眼鏡」でググったら大変な事になった。
ドンキーコングがどうとかっていうレベルじゃない。あれは間違いなくホモゲーだ。
T崎に誘われてブックオフに行った時も弟によればどうやらソッチ系の漫画を読んでたらしい。
そんでもってT崎の家で遊んだとき。
俺は特に何もせず、T崎や弟がペルソナ4っていうゲームやって遊んでいる所をただ傍観していたんだけど
そのペルソナ4というのも多少ホモ要素を含む事が今日判明。
更に本人による話によると普通に秋葉原に行って普通に18禁のゲームも購入するんだとか。


でも俺はドン引きするどころか気が合いそうだと思ったけどね。
オタクの俺からすれば最も話しやすいタイプの女子だ。

未分類 | 23:31:18 | Trackback(0) | Comments(8)
次のページ